一般社団法人 日本感染症対策協会

緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置

埼玉、千葉、神奈川、大阪も緊急事態宣言対象地域に。期間は8月31日まで。

政府は8月2日、東京と沖縄の「緊急事態宣言」期間を延長し、新たに埼玉、千葉、神奈川、大阪を緊急事態宣言対象地域に追加した。「まん延防止等重点措置」は、北海道、石川、京都、兵庫、福岡が対象地域となりました。期間はどちらも8月31日までとなります。

飲食店への対応としては、どちらの地域にも午後8時までの時短営業を要請。酒類の提供については「緊急事態宣言」地域は、一律停止、「まん延防止等重点措置」地域については原則停止要請となります。なお、緊急事態宣言対象地域については、要請・命令に違反した場合、事業者には30万以下の過料が科されます。

緊急事態宣言の実施について

東京、沖縄に加えて、新たに埼玉、千葉、神奈川、大阪を緊急事態宣言対象地域に追加となりました。

実施期間 実施区域
緊急事態宣言延長が決まったエリア
2021/07/12(月)~2021/08/31(火) 東京都
2021/05/23(日)~2021/08/31(火) 沖縄県
新たに緊急事態宣言が決まったエリア
2021/08/02(月)~2021/08/31(火) 埼玉県
千葉県
神奈川県
大阪府

8/2からの緊急事態宣言とまん延防止等重点措置

緊急事態宣言エリア まん延防止等重点措置エリア
対象地域 東京都
沖縄県
埼玉県
千葉県
神奈川県
大阪府
北海道
石川県
京都府
兵庫県
福岡県
飲食店
  • 酒類の提供禁止
  • 営業時間:20時まで
  • 酒類の提供原則禁止
    ※知事判断(19時まで可)
  • 営業時間:20時まで
百貨店 東京都:20時まで 大阪府:20時まで
催物、イベント等
  • 上限5,000人かつ、定員の50%以内
  • 収容定員が設定されていない場合は十分な人と人との距離(1m)を確保すること
  • 21時まで

参考:新型コロナ感染症対策(内閣官房)

まん延防止等重点措置

感染者数の増加を踏まえ、新たに北海道、石川、京都、兵庫、福岡がまん延防止等重点措置に指定されました。

まん延防止措置期間 都道府県
8月2日から新たにまん延防止等重点措置となったエリア
2021/08/02(月)~2021/08/31(火) 北海道
石川県
京都府
兵庫県
福岡県

戻る>