一般社団法人 日本感染症対策協会

NEWS

まん延防止等重点措置の全面解除が決定

政府は、3月21日まで延長となっていた「まん延防止等重点措置」について、適用中のすべての都道府県において、解除することを決定しました。全面解除となるのは2ヵ月半ぶりです。

第6派では、感染力の強いオミクロン株が、20代・30年代の若年層の感染者急増から、10代以下の子ども、高齢者へと広がりを見せました。今回、全面解除が決まったのは、オミクロン株の特性を踏まえて、感染拡大時期の飲食店への時短要請や、学校・保育所・高齢者施設・職場への感染対策強化等により、徐々に新規感染者数が減ったことや、医療提供体制の確保や強化、高齢者のワクチン追加接種が進んだことで医療負荷の低下につながったことが背景です。

期間 対象エリア
1/21(金)~3/21(月) 群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、香川県、熊本県
1/27(木)~3/21(月) 北海道、青森県、茨城県、栃木県、石川県、静岡県、京都府、大阪府、兵庫県

解除後も感染対策の徹底と協力が必要

ただし、まん延防止等重点措置が解除されたからといって、油断はできません。昨年は、送別会や花見、入学式など春の行事が増えるこの時期、3月に緊急事態宣言が解除されたあとに感染が拡大し、結局4月に首都圏や大阪府などに重点措置が適用されました。引き続き、オミクロン株の感染拡大防止策を徹底し、第6波の確実な収束や、次の感染の波が来るのをできる限り遅くすることが大切です。

そのため政府からは、国民へのお願いとして基本的な感染対策の徹底と、下記の協力依頼が出ています。

政府からの協力依頼

  • 飲食は、感染対策のとられた認証店を選び、基本的な感染対策を徹底しながら利用してください
  • 抗原検査キットの活用も検討してください
  • 転勤や進学、旅行等で外出・移動の機会も増えますが、移動先での感染リスクの高い行動は控えてください
  • 家庭内での感染対策の徹底をしてください
  • 部活動等における感染リスクの高い活動は慎重に実施し、スポーツ少年団や学習塾、習い事等における感染対策を徹底してください
  • ワクチンの3回目接種を積極的に受けてください
  • 3回目接種を受けていない高齢者や基礎疾患のある方等と接する場合には、とくに感染対策を講じてください
  • 民間事業者や地方自治体においては、安全・安心を高めるためにワクチン接種歴や検査結果を確認する取り組みの活用も検討してください

解除後の感染対策は自治体ごとに判断

まん延防止等重点措置が解除されることで、飲食店での時短要請や1グループ4名までの会食人数制限、酒類提供停止要請などは撤廃されますが、今後も自治体ごとの判断で要請が続くものもあります。

東京都は、解除後も4月24日までを「リバウンド警戒期間」として感染拡大防止対策を取ることを発表。飲食店の営業時間短縮は解除されますが、1グループ4名までの員数制限や、2時間以内での利用協力は継続。非認証店においては、酒類提供を午後9時までとする協力も求めるとしています。兵庫県も、同様に1テーブル4名以下での利用や2時間程度までの利用要請は継続を発表しています。

大阪府は、認証店の時短要請や酒類提供自粛は解除するものの、非認証店では1グループ4名以下や2時間程度利用を継続する方針としています。

戻る>